IT業界は有給は取りやすい業種なのか?現状の声を集めました

IT業界というと、多くの人がブラックな業界というイメージがあるでしょう。

そうした業界だと有給をとりにくいのでは、と考える人もいます。

そこでIT業界は有給がとりやすいのかどうかを調べてみました。

結論からお伝えしますと、IT業界では有給がとりやすい会社も多くあります。特に自社サービスを持つ会社が取りやすいでしょう。

日本の企業の中には、有給をとるというのは信頼を消費すると考えるとところもあるそうです。

しかしIT業界は比較的に新しい会社が多いため、既存の考えにとらわれないケースも少なくありません。

在宅勤務を認めているケースも多いですし、フレックスタイムやフレックスワークも当たり前のようになっています。

そうした企業の考え方というのは、先述したところとは真逆にあるのです。

つまり有給をとらないことが、評価の低下につながるというものです。

なぜ有給をとらないと評価が下がるのでしょうか。

その理由はシンプルで、勤務時間内に上手く仕事をこなせているから、有給をとっても問題ないとしているからです。

仕事を自分でコントロールできているから、時間を捻出できるという考え方となります。

同じように残業をすると、評価が下がっていく仕組みを持つ会社も多くあるほどです。

勤務時間内で仕事を終わらせるから残業をしないでいい、という考え方です。

逆を言えば仕事が遅いからこそ、残業をしなければ終わらせることができないので、評価が下がります。

IT業界のすべての企業が、このような考え方をしているわけではありません。

しかし若い企業が多いだけに、従来の日本企業とはまったく逆の発想をするところも多くあるのです。

先述したようにIT業界はブラックであるとイメージが強いです。

しかし現状で人手不足であり、そうしたイメージを払拭しようとしている業界でもあります。

そのため率先して新しい働き方、仕事に対する新しい価値観を持って経営をする企業も少なくありません。

また将来的にわたって、IT業界は人材不足が指摘されていますので、業界的にもイメージを変えることは重要です。

そのため多くの会社で有給はとりやすくなっているのが、現状だと言っても良いでしょう。

もちろん企業によっては、ブラックなケースもあります。

従来の企業のように有給をとれば、評価が下がることもあるでしょう。

ただ他業界と比べると、IT業界には先進的な考えを持つ企業の割合が多いのも事実なのです。

IT業界は有給をとりやすい業種なのかをまとめてみました。

実はイメージと反してIT業界は、先進的な働き方を提案している企業が多いのが事実です。

有給をとりやすいどころか、とらなければ評価が下がるという企業もあります。

そうした現状があるのを覚えておくといいでしょう。

IT業界の職業病にはどんなことがあるの?

IT業界にはどんな職業病があるのでしょうか。

これからIT業界に就職しようと考えている人にとっては、自分の身に起こる確率が高いものですので、職業病を知っておくのも大切です。

ではIT業界でどんな職業病があるのか考えてみましょう。

IT業界と一口にいっても、様々な職種があります。

しかし大半の職種は、長時間パソコンの前に座って行うものです。

そのため腰痛や肩こり、眼精疲労とは切っても切れない関係があります。

長時間同じ姿勢をキープすることが原因で起こるものですので、正しくケアをしなければ、誰にでも起こる可能性があるのです。

特に大事なのはメガネやコンタクトレンズの度です。

意外と変わっていないからと思って、前に診察を受けた時のデータを使っている人も少なくありません。

しかし気づきにくいですが視力も落ちていきますので、できれば1年に1回は視力検査をうけておくべきです。

度の合っていないメガネやコンタクトレンズを使っていると、どうしても目に負担がかかってしまいます。

また長時間目を酷使することになるため、仕事用に負担の少ないメガネやコンタクトレンズを用意するのもいいでしょう。

また腰痛や肩こりの原因となるのが、仕事をする環境です。

特に大切なのがディスプレイや、椅子、机の高さが重要になります。

1つの目安となるのが、椅子に座った時です。

この時にちょうど目の高さにくるようにしておくと、首への負担を減らすことができます。

他にも机の高さと椅子の高さを調整するのも大切です。

変に力の入るような高さにするのではなく、自分が座った時に自然な体勢で仕事ができるように調整しましょう。

それだけで肩こりのリスクを減らせます。

他にもIT業界ならではの職業病にならないコツとしては、適度な休憩をしっかりと取ることです。

作業が一段落をしたら少し休憩を入れる、これだけで作業の能率も上がります。

疲労が蓄積した状態で仕事を無理に続けたとしても、ミスが増えるだけでかえって効率が落ちてしまうものです。

ですので思いきって休憩を取ってリフレッシュした方が、職業病を予防できますし、作業効率を上げられます。

この休憩の時に軽く身体を動かすといいです。

肩を軽く回したり、屈伸をするなど身体をほぐして血行を促進すると、肩こりなどの予防につながるでしょう。

IT業界でよくある職業病についてでした。

どうしても長時間パソコンの前で作業する職種が多いため、眼精疲労や肩こり、腰痛が職業病として広まっています。

この職業病を予防するには作業環境を整えたり、適度にリフレッシュ休憩を入れるといいでしょう。

IT業界の賢い働き方にはどんな方法がある?

IT業界は賢い働き方ができます。

これは急成長している業界であるというだけではなく、スキルさえあれば自由な働き方ができるからです。

そこでIT業界の賢い働き方には、どんなものがあるのでしょうか。

最初に前提となるのは、ある程度の経験やスキルが必要な点です。

この2つがなければ、いくらIT業界といっても賢い働き方はできません。

この点には注意しておく必要があります。

とはいえノンスキルOKな職業でIT業界に入ってしまうことも可能です。

IT業界に転職する → 実務経験・スキルを磨く といった感じですね。

普通なら勉強する → 転職活動する という順番になりますが、職業によっては上の方法が狙えます。

IT業界に転職したいなと思ったら転職エージェントを利用することをオススメします。豊富な求人の中からご自身の条件にあった転職先を紹介してくれます。

IT系の転職エージェントについてはITエンジニアを希望する人にオススメの転職エージェント7選が参考になりましたので紹介しておきます。

少し脱線してしまいましたが、では実際にどのような働き方があるのでしょうか。

IT業界の中でも特にプログラマーやエンジニア職の仕事としては、パソコンが1台あれば仕事ができます。

そのため自宅から職場のパソコンで、リモートワークが可能です。

実際にフレックスタイムを導入している企業も多く、わざわざ満員電車に乗って通勤する必要もありません。

また極端な話をすれば、腕一本で食べていける業界ですので、スキル次第では企業に属する必要もないのです。

フリーランスとして働くことも可能で、実際にある程度のスキルと経験を積んでフリーになる人も少なくありません。

IT業界というのは、比較的に新しい業界です。

そのため自由な働き方を、認めるケースも少なくありません。

スーツ着用でなくてもいいですし、働く時間もそうです。

こうした既存の業界では考えられない自由度の高さもまた、IT業界で働く魅力だと言えます。

日本国内で考えても、数少ない右肩上がりの業界です。

そのため給与も上がりやすく、実際に高給をもらっている人も少なくありません。

また実はIT業界というのは、海外への転職にも向いています。

世界規模でIT業界は急成長をしている業界であり、日本国内よりも海外の方が年収が高いケースも珍しくありません。

先ほどお伝えしたようにIT業界は、自分のスキルや経験が役立ちますので海外へと出ていく人も多いのです。

特にアメリカのシリコンバレーでは、IT業界で働く人が驚くほどの高給をもらっています。

パソコン1つで仕事を行うため、日本にいながらにして海外の企業と取引するのも夢ではないでしょう。

ちなみに海外に移住をする人も少なくありません。

どの国でもIT業界で即戦力となる人材が不足しているため、永住権も他業種よりとりやすいのです。

つまりこれまでの常識にとらわれることなく、自分次第で様々な働き方ができる業界だと言えるでしょう。

IT業界の賢い働き方についてのまとめでした。

世界規模でIT業界は人手不足であるため、給与も高く、働く場所はどこにでもあると言えます。

また海外で働くチャンスもありますし、フリーランスとして食べていくのも難しくありません。

IT業界のよくあるイメージと現実の差について

IT業界でよくあるイメージと言えば、ブラック企業が多いというものでしょう。

しかし実際のところ、IT業界はブラック企業が多いのかどうかを調べてみました。

イメージと現実の差をしっかり把握するべきです。

結論からお伝えしますと、確かにIT業界でもブラック企業はあります。

しかしブラックではなく、きちんとした企業も少なくありません。

ではどうしてイメージとして、IT業界はブラックとされるのでしょうか。

その理由はいくつかありますが、やはり仕事時間が長時間になりがちなプログラマーの仕事が代表的だからでしょう。

確かに現在でもプログラマーやエンジニアの仕事は、残業が多いのは間違いありません。

ただきちんと残業代も出ますし、休日出勤をした場合は平日に振替休日をとることも可能です。

そもそもIT業界は人手不足が続いている状況だと言えます。

特にプログラマーやエンジニアの仕事は、1から教えていくとしても人材の育成に時間がかかるのです。

そのためどうしても企業によっては、勤務時間が伸びてしまう傾向にあります。

それでもブラックと呼ばれないように、企業側もきちんと支払いをするなど、福利厚生にも力を入れているのが実情です。

そうした中でも、ブラック企業があるのは否めませんが、それはIT業界だけではなく他の業界でも同じことだと言えるでしょう。

つまりイメージとしてブラック企業が多いというのはありますが、現実はそうでもないのがわかります。

ちなみにブラックなIT企業に就職しないためには、なにがポイントになってくるのでしょうか。

ポイントはその企業がどんな仕事をしているのかです。

基本的に受託開発、いわゆる下請けの仕事をメインとしている企業は長時間労働になる傾向があります。

なぜなら納期や仕事量が、そのまま企業としての収益につながってくるからです。

そのため収益を上げるためには、どうしても長時間労働せざるを得なくなります。

逆を言えば自社でサービスを運営する、または開発の元請けとなる企業を選ぶと比較的に勤務時間も短くなるでしょう。

なぜなら納期も自社内で決めることができ、仕事量そのものが内部で調整可能だからです。

だからこそブラックと呼ばれる企業が少なくなります。

このポイントを覚えておくと、IT業界が未経験でもイメージと現実は違うのではと実感がわくでしょう。

IT業界によくあるイメージと現実の差でした。

とかくIT業界はブラック企業が多いというイメージがありますが、現実的にみるとそこまで多くはありません。

なぜならIT業界でも元請けと下請けがあるためです。

元請けとなる企業を選ぶことで、ブラック企業を避けられる可能性が高くなるでしょう。

IT業界に中途採用されるためのコツを知りたい

IT業界は人手不足となる職種が多いです。

そのため他業界と比べると、かなり有効求人倍率も高いため、中途採用を狙う人も少なくありません。

そこでIT業界で中途採用されるコツを紹介します。

先述したようにIT業界は、現在人手不足の状況です。

そのため中途採用も、積極的に行う企業が少なくありません。

経験者はもちろんのこと、未経験者でも採用をして人材を確保したいと考える企業も多いでしょう。

そこで中途採用されるコツの1つですが、未経験でも採用されるやすい職種と、そうでない職種を知ることです。

特にハードルが高い職種となるのは、エンジニア系やプログラマーとなります。

専門的な知識やスキルが不可欠で、基本的には企業としても即戦力を求めているからです。

第2新卒あたりの年齢ですと、企業側としても未経験でも1から育てていく可能性はあるでしょう。

しかし基本的には即戦力が求められる職種だと言えます。

反対にIT業界未経験でも採用されやすいのが営業職です。

IT業界ならではの知識なども必要となりますが、先にあげた専門職ほどの量は必要ありません。

他業種であっても営業をしていたという経験は活かせますので、未経験でも採用されやすいのです。

IT業界に営業なんてと思われるかもしれませんが、どの会社であっても営業職は重要です。

そのため企業側も、積極的に採用しているといっていいでしょう。

ちなみにIT業界への中途採用を成功させるのなら、30代までです。

40代以降となってくると、企業側としても下で働くのではなく、上に立ってチームを指揮するマネジメントスキルを求めてきます。

そのためIT業界未経験の40代が中途採用されるのは、かなり難しくなってくるでしょう。

他業種でもマネジメント系の仕事に就いていたのなら、チャンスはあるかもしれません。

最後にIT業界で重要なポイントを紹介します。

それは未経験でも、実績があれば評価されるという点です。

例えばですが自分で立ち上げたウェブサイトが月に何十万というPVを持っている、自分で開発したアプリがヒットしたなどが該当します。

他の業界ほど実はIT業界では資格を取得していても、高く評価されることはありません。

それよりも実績があることが評価される世界ですので、未経験でも何かしらの実績があればチャレンジする価値はあるでしょう。

IT業界に中途採用されるためのコツでした。

1つはIT業界でも採用されやすい職種と、そうでない職種があるという点です。

特に営業職はかなり採用されやすいため、中途採用にも向いています。

また資格を持っているよりも、実績が優先されるのも覚えておきましょう。