IT業界の賢い働き方にはどんな方法がある?

IT業界は賢い働き方ができます。

これは急成長している業界であるというだけではなく、スキルさえあれば自由な働き方ができるからです。

そこでIT業界の賢い働き方には、どんなものがあるのでしょうか。

最初に前提となるのは、ある程度の経験やスキルが必要な点です。

この2つがなければ、いくらIT業界といっても賢い働き方はできません。

この点には注意しておく必要があります。

とはいえノンスキルOKな職業でIT業界に入ってしまうことも可能です。

IT業界に転職する → 実務経験・スキルを磨く といった感じですね。

普通なら勉強する → 転職活動する という順番になりますが、職業によっては上の方法が狙えます。

IT業界に転職したいなと思ったら転職エージェントを利用することをオススメします。豊富な求人の中からご自身の条件にあった転職先を紹介してくれます。

IT系の転職エージェントについてはITエンジニアを希望する人にオススメの転職エージェント7選が参考になりましたので紹介しておきます。

少し脱線してしまいましたが、では実際にどのような働き方があるのでしょうか。

IT業界の中でも特にプログラマーやエンジニア職の仕事としては、パソコンが1台あれば仕事ができます。

そのため自宅から職場のパソコンで、リモートワークが可能です。

実際にフレックスタイムを導入している企業も多く、わざわざ満員電車に乗って通勤する必要もありません。

また極端な話をすれば、腕一本で食べていける業界ですので、スキル次第では企業に属する必要もないのです。

フリーランスとして働くことも可能で、実際にある程度のスキルと経験を積んでフリーになる人も少なくありません。

IT業界というのは、比較的に新しい業界です。

そのため自由な働き方を、認めるケースも少なくありません。

スーツ着用でなくてもいいですし、働く時間もそうです。

こうした既存の業界では考えられない自由度の高さもまた、IT業界で働く魅力だと言えます。

日本国内で考えても、数少ない右肩上がりの業界です。

そのため給与も上がりやすく、実際に高給をもらっている人も少なくありません。

また実はIT業界というのは、海外への転職にも向いています。

世界規模でIT業界は急成長をしている業界であり、日本国内よりも海外の方が年収が高いケースも珍しくありません。

先ほどお伝えしたようにIT業界は、自分のスキルや経験が役立ちますので海外へと出ていく人も多いのです。

特にアメリカのシリコンバレーでは、IT業界で働く人が驚くほどの高給をもらっています。

パソコン1つで仕事を行うため、日本にいながらにして海外の企業と取引するのも夢ではないでしょう。

ちなみに海外に移住をする人も少なくありません。

どの国でもIT業界で即戦力となる人材が不足しているため、永住権も他業種よりとりやすいのです。

つまりこれまでの常識にとらわれることなく、自分次第で様々な働き方ができる業界だと言えるでしょう。

IT業界の賢い働き方についてのまとめでした。

世界規模でIT業界は人手不足であるため、給与も高く、働く場所はどこにでもあると言えます。

また海外で働くチャンスもありますし、フリーランスとして食べていくのも難しくありません。

IT業界のよくあるイメージと現実の差について

IT業界でよくあるイメージと言えば、ブラック企業が多いというものでしょう。

しかし実際のところ、IT業界はブラック企業が多いのかどうかを調べてみました。

イメージと現実の差をしっかり把握するべきです。

結論からお伝えしますと、確かにIT業界でもブラック企業はあります。

しかしブラックではなく、きちんとした企業も少なくありません。

ではどうしてイメージとして、IT業界はブラックとされるのでしょうか。

その理由はいくつかありますが、やはり仕事時間が長時間になりがちなプログラマーの仕事が代表的だからでしょう。

確かに現在でもプログラマーやエンジニアの仕事は、残業が多いのは間違いありません。

ただきちんと残業代も出ますし、休日出勤をした場合は平日に振替休日をとることも可能です。

そもそもIT業界は人手不足が続いている状況だと言えます。

特にプログラマーやエンジニアの仕事は、1から教えていくとしても人材の育成に時間がかかるのです。

そのためどうしても企業によっては、勤務時間が伸びてしまう傾向にあります。

それでもブラックと呼ばれないように、企業側もきちんと支払いをするなど、福利厚生にも力を入れているのが実情です。

そうした中でも、ブラック企業があるのは否めませんが、それはIT業界だけではなく他の業界でも同じことだと言えるでしょう。

つまりイメージとしてブラック企業が多いというのはありますが、現実はそうでもないのがわかります。

ちなみにブラックなIT企業に就職しないためには、なにがポイントになってくるのでしょうか。

ポイントはその企業がどんな仕事をしているのかです。

基本的に受託開発、いわゆる下請けの仕事をメインとしている企業は長時間労働になる傾向があります。

なぜなら納期や仕事量が、そのまま企業としての収益につながってくるからです。

そのため収益を上げるためには、どうしても長時間労働せざるを得なくなります。

逆を言えば自社でサービスを運営する、または開発の元請けとなる企業を選ぶと比較的に勤務時間も短くなるでしょう。

なぜなら納期も自社内で決めることができ、仕事量そのものが内部で調整可能だからです。

だからこそブラックと呼ばれる企業が少なくなります。

このポイントを覚えておくと、IT業界が未経験でもイメージと現実は違うのではと実感がわくでしょう。

IT業界によくあるイメージと現実の差でした。

とかくIT業界はブラック企業が多いというイメージがありますが、現実的にみるとそこまで多くはありません。

なぜならIT業界でも元請けと下請けがあるためです。

元請けとなる企業を選ぶことで、ブラック企業を避けられる可能性が高くなるでしょう。

IT業界に中途採用されるためのコツを知りたい

IT業界は人手不足となる職種が多いです。

そのため他業界と比べると、かなり有効求人倍率も高いため、中途採用を狙う人も少なくありません。

そこでIT業界で中途採用されるコツを紹介します。

先述したようにIT業界は、現在人手不足の状況です。

そのため中途採用も、積極的に行う企業が少なくありません。

経験者はもちろんのこと、未経験者でも採用をして人材を確保したいと考える企業も多いでしょう。

そこで中途採用されるコツの1つですが、未経験でも採用されるやすい職種と、そうでない職種を知ることです。

特にハードルが高い職種となるのは、エンジニア系やプログラマーとなります。

専門的な知識やスキルが不可欠で、基本的には企業としても即戦力を求めているからです。

第2新卒あたりの年齢ですと、企業側としても未経験でも1から育てていく可能性はあるでしょう。

しかし基本的には即戦力が求められる職種だと言えます。

反対にIT業界未経験でも採用されやすいのが営業職です。

IT業界ならではの知識なども必要となりますが、先にあげた専門職ほどの量は必要ありません。

他業種であっても営業をしていたという経験は活かせますので、未経験でも採用されやすいのです。

IT業界に営業なんてと思われるかもしれませんが、どの会社であっても営業職は重要です。

そのため企業側も、積極的に採用しているといっていいでしょう。

ちなみにIT業界への中途採用を成功させるのなら、30代までです。

40代以降となってくると、企業側としても下で働くのではなく、上に立ってチームを指揮するマネジメントスキルを求めてきます。

そのためIT業界未経験の40代が中途採用されるのは、かなり難しくなってくるでしょう。

他業種でもマネジメント系の仕事に就いていたのなら、チャンスはあるかもしれません。

最後にIT業界で重要なポイントを紹介します。

それは未経験でも、実績があれば評価されるという点です。

例えばですが自分で立ち上げたウェブサイトが月に何十万というPVを持っている、自分で開発したアプリがヒットしたなどが該当します。

他の業界ほど実はIT業界では資格を取得していても、高く評価されることはありません。

それよりも実績があることが評価される世界ですので、未経験でも何かしらの実績があればチャレンジする価値はあるでしょう。

IT業界に中途採用されるためのコツでした。

1つはIT業界でも採用されやすい職種と、そうでない職種があるという点です。

特に営業職はかなり採用されやすいため、中途採用にも向いています。

また資格を持っているよりも、実績が優先されるのも覚えておきましょう。