IT業界は有給は取りやすい業種なのか?現状の声を集めました

IT業界というと、多くの人がブラックな業界というイメージがあるでしょう。

そうした業界だと有給をとりにくいのでは、と考える人もいます。

そこでIT業界は有給がとりやすいのかどうかを調べてみました。

結論からお伝えしますと、IT業界では有給がとりやすい会社も多くあります。特に自社サービスを持つ会社が取りやすいでしょう。

日本の企業の中には、有給をとるというのは信頼を消費すると考えるとところもあるそうです。

しかしIT業界は比較的に新しい会社が多いため、既存の考えにとらわれないケースも少なくありません。

在宅勤務を認めているケースも多いですし、フレックスタイムやフレックスワークも当たり前のようになっています。

そうした企業の考え方というのは、先述したところとは真逆にあるのです。

つまり有給をとらないことが、評価の低下につながるというものです。

なぜ有給をとらないと評価が下がるのでしょうか。

その理由はシンプルで、勤務時間内に上手く仕事をこなせているから、有給をとっても問題ないとしているからです。

仕事を自分でコントロールできているから、時間を捻出できるという考え方となります。

同じように残業をすると、評価が下がっていく仕組みを持つ会社も多くあるほどです。

勤務時間内で仕事を終わらせるから残業をしないでいい、という考え方です。

逆を言えば仕事が遅いからこそ、残業をしなければ終わらせることができないので、評価が下がります。

IT業界のすべての企業が、このような考え方をしているわけではありません。

しかし若い企業が多いだけに、従来の日本企業とはまったく逆の発想をするところも多くあるのです。

先述したようにIT業界はブラックであるとイメージが強いです。

しかし現状で人手不足であり、そうしたイメージを払拭しようとしている業界でもあります。

そのため率先して新しい働き方、仕事に対する新しい価値観を持って経営をする企業も少なくありません。

また将来的にわたって、IT業界は人材不足が指摘されていますので、業界的にもイメージを変えることは重要です。

そのため多くの会社で有給はとりやすくなっているのが、現状だと言っても良いでしょう。

もちろん企業によっては、ブラックなケースもあります。

従来の企業のように有給をとれば、評価が下がることもあるでしょう。

ただ他業界と比べると、IT業界には先進的な考えを持つ企業の割合が多いのも事実なのです。

IT業界は有給をとりやすい業種なのかをまとめてみました。

実はイメージと反してIT業界は、先進的な働き方を提案している企業が多いのが事実です。

有給をとりやすいどころか、とらなければ評価が下がるという企業もあります。

そうした現状があるのを覚えておくといいでしょう。

IT業界の職業病にはどんなことがあるの?

IT業界にはどんな職業病があるのでしょうか。

これからIT業界に就職しようと考えている人にとっては、自分の身に起こる確率が高いものですので、職業病を知っておくのも大切です。

ではIT業界でどんな職業病があるのか考えてみましょう。

IT業界と一口にいっても、様々な職種があります。

しかし大半の職種は、長時間パソコンの前に座って行うものです。

そのため腰痛や肩こり、眼精疲労とは切っても切れない関係があります。

長時間同じ姿勢をキープすることが原因で起こるものですので、正しくケアをしなければ、誰にでも起こる可能性があるのです。

特に大事なのはメガネやコンタクトレンズの度です。

意外と変わっていないからと思って、前に診察を受けた時のデータを使っている人も少なくありません。

しかし気づきにくいですが視力も落ちていきますので、できれば1年に1回は視力検査をうけておくべきです。

度の合っていないメガネやコンタクトレンズを使っていると、どうしても目に負担がかかってしまいます。

また長時間目を酷使することになるため、仕事用に負担の少ないメガネやコンタクトレンズを用意するのもいいでしょう。

また腰痛や肩こりの原因となるのが、仕事をする環境です。

特に大切なのがディスプレイや、椅子、机の高さが重要になります。

1つの目安となるのが、椅子に座った時です。

この時にちょうど目の高さにくるようにしておくと、首への負担を減らすことができます。

他にも机の高さと椅子の高さを調整するのも大切です。

変に力の入るような高さにするのではなく、自分が座った時に自然な体勢で仕事ができるように調整しましょう。

それだけで肩こりのリスクを減らせます。

他にもIT業界ならではの職業病にならないコツとしては、適度な休憩をしっかりと取ることです。

作業が一段落をしたら少し休憩を入れる、これだけで作業の能率も上がります。

疲労が蓄積した状態で仕事を無理に続けたとしても、ミスが増えるだけでかえって効率が落ちてしまうものです。

ですので思いきって休憩を取ってリフレッシュした方が、職業病を予防できますし、作業効率を上げられます。

この休憩の時に軽く身体を動かすといいです。

肩を軽く回したり、屈伸をするなど身体をほぐして血行を促進すると、肩こりなどの予防につながるでしょう。

IT業界でよくある職業病についてでした。

どうしても長時間パソコンの前で作業する職種が多いため、眼精疲労や肩こり、腰痛が職業病として広まっています。

この職業病を予防するには作業環境を整えたり、適度にリフレッシュ休憩を入れるといいでしょう。