IT業界でよくあるイメージと言えば、ブラック企業が多いというものでしょう。

しかし実際のところ、IT業界はブラック企業が多いのかどうかを調べてみました。

イメージと現実の差をしっかり把握するべきです。

結論からお伝えしますと、確かにIT業界でもブラック企業はあります。

しかしブラックではなく、きちんとした企業も少なくありません。

ではどうしてイメージとして、IT業界はブラックとされるのでしょうか。

その理由はいくつかありますが、やはり仕事時間が長時間になりがちなプログラマーの仕事が代表的だからでしょう。

確かに現在でもプログラマーやエンジニアの仕事は、残業が多いのは間違いありません。

ただきちんと残業代も出ますし、休日出勤をした場合は平日に振替休日をとることも可能です。

そもそもIT業界は人手不足が続いている状況だと言えます。

特にプログラマーやエンジニアの仕事は、1から教えていくとしても人材の育成に時間がかかるのです。

そのためどうしても企業によっては、勤務時間が伸びてしまう傾向にあります。

それでもブラックと呼ばれないように、企業側もきちんと支払いをするなど、福利厚生にも力を入れているのが実情です。

そうした中でも、ブラック企業があるのは否めませんが、それはIT業界だけではなく他の業界でも同じことだと言えるでしょう。

つまりイメージとしてブラック企業が多いというのはありますが、現実はそうでもないのがわかります。

ちなみにブラックなIT企業に就職しないためには、なにがポイントになってくるのでしょうか。

ポイントはその企業がどんな仕事をしているのかです。

基本的に受託開発、いわゆる下請けの仕事をメインとしている企業は長時間労働になる傾向があります。

なぜなら納期や仕事量が、そのまま企業としての収益につながってくるからです。

そのため収益を上げるためには、どうしても長時間労働せざるを得なくなります。

逆を言えば自社でサービスを運営する、または開発の元請けとなる企業を選ぶと比較的に勤務時間も短くなるでしょう。

なぜなら納期も自社内で決めることができ、仕事量そのものが内部で調整可能だからです。

だからこそブラックと呼ばれる企業が少なくなります。

このポイントを覚えておくと、IT業界が未経験でもイメージと現実は違うのではと実感がわくでしょう。

IT業界によくあるイメージと現実の差でした。

とかくIT業界はブラック企業が多いというイメージがありますが、現実的にみるとそこまで多くはありません。

なぜならIT業界でも元請けと下請けがあるためです。

元請けとなる企業を選ぶことで、ブラック企業を避けられる可能性が高くなるでしょう。