IT業界は人手不足となる職種が多いです。

そのため他業界と比べると、かなり有効求人倍率も高いため、中途採用を狙う人も少なくありません。

そこでIT業界で中途採用されるコツを紹介します。

先述したようにIT業界は、現在人手不足の状況です。

そのため中途採用も、積極的に行う企業が少なくありません。

経験者はもちろんのこと、未経験者でも採用をして人材を確保したいと考える企業も多いでしょう。

そこで中途採用されるコツの1つですが、未経験でも採用されるやすい職種と、そうでない職種を知ることです。

特にハードルが高い職種となるのは、エンジニア系やプログラマーとなります。

専門的な知識やスキルが不可欠で、基本的には企業としても即戦力を求めているからです。

第2新卒あたりの年齢ですと、企業側としても未経験でも1から育てていく可能性はあるでしょう。

しかし基本的には即戦力が求められる職種だと言えます。

反対にIT業界未経験でも採用されやすいのが営業職です。

IT業界ならではの知識なども必要となりますが、先にあげた専門職ほどの量は必要ありません。

他業種であっても営業をしていたという経験は活かせますので、未経験でも採用されやすいのです。

IT業界に営業なんてと思われるかもしれませんが、どの会社であっても営業職は重要です。

そのため企業側も、積極的に採用しているといっていいでしょう。

ちなみにIT業界への中途採用を成功させるのなら、30代までです。

40代以降となってくると、企業側としても下で働くのではなく、上に立ってチームを指揮するマネジメントスキルを求めてきます。

そのためIT業界未経験の40代が中途採用されるのは、かなり難しくなってくるでしょう。

他業種でもマネジメント系の仕事に就いていたのなら、チャンスはあるかもしれません。

最後にIT業界で重要なポイントを紹介します。

それは未経験でも、実績があれば評価されるという点です。

例えばですが自分で立ち上げたウェブサイトが月に何十万というPVを持っている、自分で開発したアプリがヒットしたなどが該当します。

他の業界ほど実はIT業界では資格を取得していても、高く評価されることはありません。

それよりも実績があることが評価される世界ですので、未経験でも何かしらの実績があればチャレンジする価値はあるでしょう。

IT業界に中途採用されるためのコツでした。

1つはIT業界でも採用されやすい職種と、そうでない職種があるという点です。

特に営業職はかなり採用されやすいため、中途採用にも向いています。

また資格を持っているよりも、実績が優先されるのも覚えておきましょう。