IT業界にはどんな職業病があるのでしょうか。

これからIT業界に就職しようと考えている人にとっては、自分の身に起こる確率が高いものですので、職業病を知っておくのも大切です。

ではIT業界でどんな職業病があるのか考えてみましょう。

IT業界と一口にいっても、様々な職種があります。

しかし大半の職種は、長時間パソコンの前に座って行うものです。

そのため腰痛や肩こり、眼精疲労とは切っても切れない関係があります。

長時間同じ姿勢をキープすることが原因で起こるものですので、正しくケアをしなければ、誰にでも起こる可能性があるのです。

特に大事なのはメガネやコンタクトレンズの度です。

意外と変わっていないからと思って、前に診察を受けた時のデータを使っている人も少なくありません。

しかし気づきにくいですが視力も落ちていきますので、できれば1年に1回は視力検査をうけておくべきです。

度の合っていないメガネやコンタクトレンズを使っていると、どうしても目に負担がかかってしまいます。

また長時間目を酷使することになるため、仕事用に負担の少ないメガネやコンタクトレンズを用意するのもいいでしょう。

また腰痛や肩こりの原因となるのが、仕事をする環境です。

特に大切なのがディスプレイや、椅子、机の高さが重要になります。

1つの目安となるのが、椅子に座った時です。

この時にちょうど目の高さにくるようにしておくと、首への負担を減らすことができます。

他にも机の高さと椅子の高さを調整するのも大切です。

変に力の入るような高さにするのではなく、自分が座った時に自然な体勢で仕事ができるように調整しましょう。

それだけで肩こりのリスクを減らせます。

他にもIT業界ならではの職業病にならないコツとしては、適度な休憩をしっかりと取ることです。

作業が一段落をしたら少し休憩を入れる、これだけで作業の能率も上がります。

疲労が蓄積した状態で仕事を無理に続けたとしても、ミスが増えるだけでかえって効率が落ちてしまうものです。

ですので思いきって休憩を取ってリフレッシュした方が、職業病を予防できますし、作業効率を上げられます。

この休憩の時に軽く身体を動かすといいです。

肩を軽く回したり、屈伸をするなど身体をほぐして血行を促進すると、肩こりなどの予防につながるでしょう。

IT業界でよくある職業病についてでした。

どうしても長時間パソコンの前で作業する職種が多いため、眼精疲労や肩こり、腰痛が職業病として広まっています。

この職業病を予防するには作業環境を整えたり、適度にリフレッシュ休憩を入れるといいでしょう。